アマチュア通信

人々の趣味や遊びとそれを捉える視点

領域固有の認知を知るための文献リスト

認知心理学,特に熟達研究では,認知の領域固有性(domain specificity)は鍵概念である.チェスの熟達者は,チェスに関して体制化された知識を特定の条件――例えば駒の配置――に応じて活用することができる.だが,その知識はあくまでチェスという領域において優れているのであって,チェスの熟達者が物理学の熟達者であるとはもちろん限らない.世の中には領域一般的な知識やスキルも存在しているが,領域固有の知識を身につけない限り,専門家になることは難しい.

何より領域固有性を身につけることこそが,その領域の面白さを味わえることである.これは,R. A. Stebbins の「シリアス・レジャーには専門的な知識とスキルがともなう」という主張や,「興味は領域・対象固有な動機づけである」という心理学の主張から裏付けられる.領域固有性に自分自身とても関心をもっている所以である.チェスを楽しむには,チェスに固有な知識やスキルが求められるし,チェスに対していだいた興味は,物理学にいだく興味をは質的に全く異なるはずだ.ある人の興味や趣味の面白さについて知るには,そこにどんな領域固有性が存在しているのかを理解する必要がある.

領域固有の認知を知るための文献リスト

入門編として日本語で読める文献リストをつくりたい.なるべくなら書籍で.

数学的思考: 人間の心と学び

数学的思考: 人間の心と学び

 
子どもの概念発達と変化―素朴生物学をめぐって (認知科学の探究)

子どもの概念発達と変化―素朴生物学をめぐって (認知科学の探究)

 

ci.nii.ac.jp

歴史的思考――その不自然な行為

歴史的思考――その不自然な行為

 
演奏を支える心と科学

演奏を支える心と科学

 
学習科学ハンドブック 第二版 第3巻: 領域専門知識を学ぶ/学習科学研究を教室に持ち込む

学習科学ハンドブック 第二版 第3巻: 領域専門知識を学ぶ/学習科学研究を教室に持ち込む

  • 作者: R.K.ソーヤー,R.Keith Sawyer,秋田喜代美,森敏昭,大島純,白水始,望月俊男,益川弘如
  • 出版社/メーカー: 北大路書房
  • 発売日: 2017/09/28
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 
第27章:数学 第28章:科学 第29章:歴史 第30章:読み書き 第31章:芸術